オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー 京都美商ギャラリーは、1961年に京都下鴨で創立した西洋アンティーク・肥前磁器の専門店です。長年蒐集をしてきた経験をもとに、オールドバカラやオールドフランス、古伊万里や柿右衛門などを取り扱っております。量産品ばかりの近年では見られなくなった職人技、手作りの温かみの魅力をより多くの方に身近に感じて頂きたいと考えています。

『🎃Halloween🎃✨』 at the Kyoto Bisho Gallery

冬の気配が近づいてきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

明日、10月31日は『🎃Halloween🎃✨』

  
すっかり日本の風物詩として定着しましたが、元々は古代ケルトが起原の、秋の実りを祝い、悪霊を払うお祭りなんですよね🎃

 

今回、京都美商ギャラリーもハロウィン仕様でかぼちゃで飾り付けを行ってみました。

 

ディスプレイですが、スタッフにとってはとても好きな作業のひとつです。
作品がどうしたら素敵に見えるのか、どういう用途で使うことができるのか、お客様に「わっ素敵!」って思ってもらうために自由に、そして無限に表現できるからです。
私たち自身、作品に触れながらいろんな場所に置いてみると、新しい発想や発見が生まれたりします。

 

そんなディスプレイで今回気づいた鉢をご紹介!

 

ハロウィンのシンボル『ジャック・オー・ランタン』を思わせるオレンジのオールドバカラの鉢です!!
バカラの真骨頂といえる複雑なハンドカットが施された逸品

 

 

 

オールド バカラの鉢

 

オールド バカラ 鉢(橙) 1930年頃

 

橙色の被せガラスに、深く大胆に刻まれた曲線。そして、鉢のラインに沿ってカーブしながら規則正しく形成された菱形はまるで≪雪の結晶≫を思わせるような複雑で細やかなデザインです。
いずれも当時の職人の技術力の高さをうかがわせます。

オールド バカラ 鉢(橙)

             

19世紀後半〜20世紀前半は、世界中が美術作品を愛で、バカラ社が職人を大量動員し、技術力が成熟した時代。
そんな時代に作られた作品を、作り手の職人魂に思いを馳せながらご覧いただき、新たな魅力を発見してください。

               

そして、楽しい🎃Halloween🎃をお過ごしくださいませ🎃

  ←前の記事   次の記事→

関連記事

    オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー

    オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー

    京都美商ギャラリーは、1961年に京都下鴨で創立した西洋アンティーク・肥前磁器の専門店です。長年蒐集をしてきた経験をもとに、オールドバカラやオールドフランス、古伊万里や柿右衛門などを取り扱っております。量産品ばかりの近年では見られなくなった職人技、手作りの温かみの魅力をより多くの方に身近に感じて頂きたいと考えています。

    屋号 京都美商株式会社
    住所 〒606-0804
    京都市左京区下鴨松原町29
    電話番号 075-722-2300
    営業時間 11:00~17:00
    定休日:水曜日
    代表者名 井村 欣裕
    E-mail info@kyotobisho-gallery.com