オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー 京都美商ギャラリーは、1961年に京都下鴨で創立した西洋アンティーク・肥前磁器の専門店です。長年蒐集をしてきた経験をもとに、オールドバカラやオールドフランス、古伊万里や柿右衛門などを取り扱っております。量産品ばかりの近年では見られなくなった職人技、手作りの温かみの魅力をより多くの方に身近に感じて頂きたいと考えています。

2018年のクリスタル旅行記-最終回 パリのバカラ美術館

スタッフの旅行記-⑨

 

続いて、、、、

パリにあるバカラ美術館へ

バカラ美術館のエントランス
バカラ美術館の外観

 

 

エントランス

 

美術館の中は写真撮影ができないので、1階のギャラリースペースのみ撮影してきました。

 

ギャラリースペース
バーカウンター

 

 

美術館の方に、バカラ社が持っている一番古い作品が展示されているかを伺ったところ、それは昨日訪れたバカラ村の美術館のほうにあると説明してくださり、ちょっと残念がっていると…( 一一)

 

プチパレが発行したバカラの本に載っているのでと見せてくださいました。      

1823年制 Louis XVIII(ルイ18世)の名がつくシリーズ

 

あきらめきれないので、昨日撮りためた写真に写ってないか、くまなく探してみたら!!!

なんと写ってましたよ(^_-)-☆
   

 

バカラ社は1764年から続くガラス窯ですが、ロレーヌ地方にたくさんのガラス工場が作られ、その中のバカラ村にあった工場では食器などを中心に作っていました。

安定した物作りができるようになること、そして王室御用達になるまでのものは詳細すら残っていないらしく、最も古く明確にわかる作品が1823年制のこちらのグラスのようです。

 

 

旅の最後には、パリのアンティーク市にも寄ってみました。

今は夏休みで長期的にお休みをとってるお店が多く、今回は下見だけ。

たぶんですが、今後は買付も行っていくので、このお話はまた次回の旅行記につなげていければと思っております(^_-)-☆

 

ここから、またベルギー経由でアムステルダムに戻ります。

今回は、アンティークの世界に飛び込んで1年目の私ながらの目線で伝えてみましたが、とっても勉強になる旅でした。

 

成長してより良い作品と出会って、皆様にお届けする仕事ができたらいいなぁと感じながら、日本に帰国いたしました。

 

←前の記事   次の記事→

関連記事

オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー

オールドバカラ・柿右衛門・今右衛門の専門店|京都美商ギャラリー

京都美商ギャラリーは、1961年に京都下鴨で創立した西洋アンティーク・肥前磁器の専門店です。長年蒐集をしてきた経験をもとに、オールドバカラやオールドフランス、古伊万里や柿右衛門などを取り扱っております。量産品ばかりの近年では見られなくなった職人技、手作りの温かみの魅力をより多くの方に身近に感じて頂きたいと考えています。

屋号 京都美商株式会社
住所 〒606-0804
京都市左京区下鴨松原町29
電話番号 075-722-2300
営業時間 11:00~17:00
定休日:水曜日
代表者名 井村 欣裕
E-mail info@kyotobisho-gallery.com